山火事特別警報(State of Emergency)

シドニーも近郊の山火事(Bush Fire)で特別警報(State of Emergency)が出された。6年ぶりとのこと。私の居住区も含めて市内で焦げくさい空気が漂い、遠くから見るとガスに覆われている。今朝のABCニュースではキャスターのMichaelが内陸の現地から中継をし、州知事が特別注意を呼びかけていたし、夜の7.30 というドキュメンタリー番組もひたすら被害エリアのストーリを報じている。QLD州、西オーストラリア州南オーストラリア州等でも被害が拡大。

f:id:japaneseclimber:20191111201615j:plain
f:id:japaneseclimber:20191111201829j:plain

20時のニュースはほぼ火災一色   /   学校の休みも広がっている

f:id:japaneseclimber:20191111182412p:plain

"Fires Near Me" Web Site

 

明日火曜は、気温が上がり強風が吹くためさらに広がるといわれており、郊外テリーヒルズ(Terry Hills)の日本人学校は休校とのこと。

水不足も続いているが、なかなか雨が降る気配がないのが心配である。

 

西オーストラリアのアウトバックにある世界最大の岩Mt.Augustus(https://teradaya.hatenablog.com/entry/2019/04/27/000000

でも登りに来たドイツ人老夫婦の夫が行方不明中。気温40度超えとのこと。しばしどこかしこも要注意。

www.abc.net.au

パワーハウスミュージアム

土曜はちょっと寒いくらいだがよい晴れの日。朝の英語の後、少し街を歩く。QVBの名物大ツリーはすでに飾られていた。タウンホール前のジャカランダも満開。セントラル駅まで乗車。

f:id:japaneseclimber:20191110192500j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192513j:plain

4階フロアを突き抜けてツリー  /  スワロフスキー提供なのでなかなか上品

f:id:japaneseclimber:20191110192546j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192603j:plain

タウンホールのジャカランダ  /   大屋根のセントラル駅(長距離側ホーム)

 

今日の目的地は「パワーハウスミュージアム」で開催中の「アポロ11号展」。元発電所だった建物を使ったこの博物館にはまだきたことがなく、常設展示も見て回る1階は子供達の科学体験の施設、2階以上は交通の移り変わりや家庭電化製品の変遷、工業デザインの歴史的作品の展示等、盛りだくさん。アポロ11号展は50周年祈念で来年まで6ヶ月のロングラン。小ぶりだが、バーチャルリアルティ装置等もあってなかなか充実。

f:id:japaneseclimber:20191110192614j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192616j:plain

トラムの駅からすぐ  /   中は古い発電所の建物とわかる

f:id:japaneseclimber:20191110192639j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192657j:plain

天井が高いので大物も展示  /    ジョージストリートのトラムによる再開発CGも

f:id:japaneseclimber:20191110192648j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192709j:plain

月の模型もあり、宇宙関連展示も多い /   目的のアポロ展

f:id:japaneseclimber:20191110192717j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192729j:plain

地上中継施設の連携。以前行ったカーナボンもある /  当日の新聞。ミノルタが広告

 

工業デザインのコーナーはアップルやヒューレッドパッカード、任天堂等の展示がユニーク。

f:id:japaneseclimber:20191110192745j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192754j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192810j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110192819j:plain

これに近いデザインの横型ファイナンス電卓を2000年に使っていた / 懐かしのiMac

 

日曜はいつものとおり朝ボルダリング。久々に9D1(アレキサンドリア本店)へ。いつものN井君、O君、および2度目参戦のT田さん。自分は結構体が軽く、新作V4をいずれも一撃。ルーフのオレンジV3も一撃クリア。残念ながらV5の赤は持ち越したが、わりといい感じに体調が戻ってきている。やはり週2回がよいようだ。T田さんが粘って丁寧に頑張るのを支援。怪我しないよう、少し間隔をとるようにね。

f:id:japaneseclimber:20191110202300j:plain朝開店1時間後。空いている。

 

終了後、いつものとおりクロウズネストの「86」でランチ食べて帰宅。

今週のお菓子はきんつば。ついでに買い出しに行って夕食もしっかりつくる。今日は鶏の中華風煮込み春雨入り。春雨がなかったので店主オススメの「マロニーちゃん」で代用したが十分おいしかった。きんつばは近所に差し上げることとし、自分はプロテイン補給。

f:id:japaneseclimber:20191110202440j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110202447j:plain

ランチの海鮮ちらし        /    きんつばを6個製作

f:id:japaneseclimber:20191110202456j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110202505j:plain

3食分くらいできてしまった    /   よいつまみになる

連続出張〜ブリスベンとメルボルン

今週は月曜にブリスベン日帰り、水木とメルボルン一泊の出張。順調であったがそれどもやはり移動は疲れるもの。大事なお客のご案内もして、ようやく金曜に一服。いまは山火事(ブッシュファイアー)の時期で、NSW州内で70箇所もの山火事が発生中との報道。空港ラウンジもレスキューチームが出発準備中であった。

11月であるが今年は天気は比較的涼しく、いつもは暑いブリスベンは快適、一方で冷涼なメルボルンは寒いほどであった。シドニーは中間でよい気候。もうクリスマスムードである。

f:id:japaneseclimber:20191110191652j:plain

姉妹客船入港中。一隻はブリッジをくぐってWhite Bayに着眼する模様。

f:id:japaneseclimber:20191110191649j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191648j:plain

空港はすでにクリスマスムード

f:id:japaneseclimber:20191110191433j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191431j:plain

ニューサウスウェールズ州ファイアーレスキューのチームも飛行準備中

f:id:japaneseclimber:20191110191437j:plain

快適な気候となったシドニー。市内東部住宅地からボタニー湾工業区方面。

 

メルボルンは久々であったが、市内は古い建築物も多く美しい。縦横にトラムが走っていて無料なのでとても便利。中華系の人がとても多いと感じられた。市内に京都祇園で行ったことのある「辻利」の店が出ているので立ち寄ってみた。とてもカジュアルなファストフード店の趣。日本人店員はいないようであるが、甘味のほかにもニシンそば等軽食もある。本格的に出しても結構受けるのではと思うのだが。

f:id:japaneseclimber:20191110191523j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191534j:plain

メルボルンは良い建築が多い  /   トラムが縦横に走る。市内は無料で便利

f:id:japaneseclimber:20191110191552j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191558j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191604j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191615j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191613j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191619j:plain

目抜き通りもクラシックなムード

f:id:japaneseclimber:20191110191516j:plain
f:id:japaneseclimber:20191110191543j:plain

京都の辻利が店を出していた  /  ニシンそばをいただく

 

金曜は早めに仕事を切り上げて、9D3(Lane Cove店)でボルダリング。持ち越し課題のうち、右ルーフの端のはルート変でなくなってしまっていた。残念。一方大ハングの方は残っていたので気合いを入れてトライ。なかなかしっくりこずに5回ほどフォール。他の壁のV3、V4をやったりして、徐々にしんどくなってくるが、再度トライ。ようやく核心の天井部ホールドを取りフットホールドを素早く入れ替えるムーブに成功。あとは慎重にこなしてクリア。素直に喜ぶ。V5の赤薄かぶり壁もきれいに再登クリアで良い気分で帰宅。よくストレッチしておく。

久々に電子オルガンも根を詰めて一曲弾けるようになった。こちらも20回くらい失敗しつつようやく通しでいけるように。何事も継続は力と思っておく。


#演奏 54 「白日」 

 

WBSSの井上vsドネア戦は確かに名勝負であった。山中慎介vsモレノ戦(

https://teradaya.hatenablog.com/entry/2016/09/16/000000)もそうであったが、テクニックを駆使した正面からの戦いはすばらしい。


 
 
 
 
 
 
 

「REEL ROCK14」

オージーが楽しみにする競馬のメルボルンカップの日。ビクトリア州は祝日、他の各州も15時の出走に向けて午後からなんとなく職場でパーティなどする週間。今年は、10月にABCニュースの報道番組7.30がNSWで競走馬になれなかった馬の虐待映像を報じたこともあり、抗議も行われていた。

とはいえ職場で寿司を振る舞いケーキを食べながらワイワイと過ごすのは、ある意味懇親の機会なのであろう。街中も人通りがなくなり、タクシーは暇だと嘆いていた。

f:id:japaneseclimber:20191105205133j:plain
f:id:japaneseclimber:20191105205137j:plain

 

夕方から、ノースエエリアのクレモネにあるクラシックな劇場(映画館)「Hyden Orpheum」に年一度のクライミング映画イベント「REEL ROCK 14」を観に行く。インドアボルダリング仲間のN君とN子さんが付き合ってくれるとのことで嬉しい。なにせ賑やかなイベントであるので一人はちょっと寂しいので。

今回は会場は前方にステージのある大きめの劇場であったが、ほぼ満席(300人くらい?)。クライマーや山好きばかりでもなくいろいろな客層であり、冒険好きなオージーの気持ちに沿うのかと思う。以前同じ劇場でみたバンフマウンテンフェスティバル(https://teradaya.hatenablog.com/entry/2017/05/11/000000)、オペラハウスで観た映像音楽イベント「Mountain」https://teradaya.hatenablog.com/entry/2017/06/12/000000 も超満員であったと思い出す。子供からお年寄りまで客層も広い。

f:id:japaneseclimber:20191105205144j:plain

Tommy とAlexのヨセミテエルキャピタン「Nose 」の2時間切りのドキュメンタリーが主演目

f:id:japaneseclimber:20191105191529j:plain

クラシックな劇場。舞台でゲストトーク

オフィシャルトレーラー

オージー初の9a(5.14d)クライマーのTom O'HalloranとパートナーのAmandaさんらが登壇してしばしパネルセッション。オリンピックはオセアニア枠で男女1名ずつであり来年3月28日のオセアニア大会を目指している、スピード競技は異質であり苦労している等話していた。

続いて、短編2つハイボルダー(15mも!)に挑むNina Williamsの「High Road」、ユタの片田舎にボルダラーが現れて街が変わっていくユーモラスな「United States of Joe’s」2編。休憩を挟んでAlex HonnoldがTommy Caldwellと組んでエルキャピタンの「Nose」スピード記録奪還を目指す「Nose Speed Record」。高度感等に慣れている自分でもビビるもので、若い二人には刺激になった様子(やりたいわけではないが)。

18時半開場だったが、上映終了は22時前であった。25ドルほどなので、十分お釣りがくる充実ぶりであった。

クライミング強化週間?

先日の一時帰国時に丸善で買った新式ストレッチ&筋膜伸ばしの本がとてもよく、最近毎日やっている。おかげで少しは柔らかくなってきたし、何よりこれまで運動した翌朝起きがけに腰痛がでていたがこれを抑えることができてたすかる。

最近調子が上がらないので、ジムの3ヶ月パスを買って週2回登ることとする。31日(木)は修理に出していた車も戻ってきたので、夕方から9D3(Lane Cove)へ。たまには一人でじっと課題と取り組むのも良い。開店1周年記念イベントとして、普段と違う色使いでルートが作成されている。普段はV8以上の上級者課題用の白ホールドのV1とか、逆に初級用の青を使ったV3とか。いくつか新作のV3-4(ピンク)を登るが、狙っていた右奥ルーフのV4はどうしても抜け口のスローパーで耐えられず今日も持ち越し。また、新作V4大ハング右も一手遠いのが取れず持ち越し。あまり成果なしで残念。

家の近所のFINというFish & Chipsの美味しい店でテイクアウト(Take Away)で栄養補給。ここのはアワードを貰ったというだけあって、大変美味しい(初めてFish & Chipsが美味しいとしった)。

f:id:japaneseclimber:20191103202955j:plain
f:id:japaneseclimber:20191103202947j:plain

なかなか美味でボリュームもある(サラダ付きで18ドル)/ トラム開通間近のWynyard

 

昨日土曜はN井君とO君&ジムインストラクターのN子さんと再度9D3へ。O君はシューズを買いたいとのことで、ジム内ミニショップ(9D本店近くのClimbing Anchorという専門店の出店)で購入。黒の2本締めButra製。最近同じメーカーのシューズを購入した人がこれで7人目。お店からお礼でもくれないかしらん。

N子さんは今日は朝と夜にジムの仕事&自分のトレーニングがあるそうでその合間に軽く登るとのこと。なんともタフなことだ。男性二人もランナーであり、N井君は明日パラマタハーフマラソン出走予定(翌日無事好タイムで完走の報告あり)。自分は今日も持ち越しの2課題をやるがいずれも手が伸びず停滞。指の関節の固くなった皮膚が痛くて困る。ベルツ水とヤスリで対処せねば。

この日は快晴で心地よいので、なんとなく皆でCrows Nestの焼き鳥Yに夕刻集まり、たんぱく質補給&アルコール補給。そのまま近所の飲み屋に流れてW杯決勝を観戦。

f:id:japaneseclimber:20191103202906j:plain
f:id:japaneseclimber:20191103202909j:plain

Nさんは日々鍛錬。今後期待! /大ハングの課題群。右上する青はV6、左ピンクはV5 

 

日曜の今日は、ようやくまとまった雨が降った。今回はNSW内陸も火曜にかけて雨のようで水不足が少しでも解消すればと願う。

洗濯掃除をしてから、電子オルガンを結構まじめに練習し、ついでに水羊羹を作成。リハビリを頑張る知人に贈呈。ずっと曲を弾いていると、やはりどうしても持ち越し課題をやりたくなってしまい、夕方軽く再度9D3へ。雨なのに結構混んでいる。

f:id:japaneseclimber:20191103202941j:plain

久々に本降りの雨

f:id:japaneseclimber:20191103202922j:plain
f:id:japaneseclimber:20191103202931j:plain

金箔、銀箔(いただきもの)を乗っけてみた。


大ハングの課題はようやく一手伸ばし、核心を越えるもフットホールドが滑りフォール。再々度の持ち越し、次回こそ。ハング左にV4の黒課題をやっている人がいたので、自分もトライ。これはホールド間の距離が遠くデッドポイントでこなす課題だが問題なく一撃。ついでに左隣のV3青も一撃クリア。ひとつホールドを見落としていてゴールホールドにランジとなったが、むしろスッキリして良い感覚。1時間で短く終了。

スーパーで良いレタスが1玉1.8ドル(130 円くらい)と特売。急に食べたくなり、今日は肉を焼いてレタスと食べることとした。エバラ焼肉のタレを日本食材店で入手し、なかなかご機嫌であった。今日はジムトレーニングもしたのでプロテイン補給である。

アパートから、地下駐車場を2日かけて大掃除するので、車を外に出すようにとの通知状。さてさて、どこに持って行こうか難題。

 

野鳥週間 (National Bird Week)

日本には5月に愛鳥週間があるが、豪州では10月末がNational Bird Week(野鳥週間、今年は10月21日〜27日)。これににあわせて、「birdlife」という日本野鳥の会のような民間団体が主催して「Aussie Backyard Bird Count」という鳥を数えるイベントが行われる。20分間以上の時間をかけて見かけた鳥の数をホームページから報告するというルール。今年は約360万羽が観察されたよう。

f:id:japaneseclimber:20191029191807p:plain

Aussie Backyard Bird CountのWebsite

 

いずれ集計して公表されるので、結果が楽しみ。下記は、昨年2018年の集計。275万羽が報告され、全体での最多はRainbow Lorikeet(ゴシキセイガイインコ)、2位がNoisy Miner(クロガシラミツスイ)。これはシドニーでもわかる気がする。隔週では下記の通り随分ばらつきがあるのは大きな国である証拠。ちなみに人口は2,500万人。

f:id:japaneseclimber:20191029071230j:plain
f:id:japaneseclimber:20191029071214j:plain

 

自然のニュースがよく報じられるが、今年はやはり大旱魃関連が多い。今朝は、庭木と水道管の話がABCニュースのミニ特集。ジャカランダはちょうど咲き始めたところであるが、庭に植えると大きくなり、根が地下の水道管に入りこんで大量の水を取ってしまうらしい。映像ではたくさんの根っこが入った菅が映っていた。最低でも3mは離すようにとのアドバイス。政府の旱魃政策のニュース、今週はようやく若干の雨を期待できるとの天気予報、一方で西部や北部のブッシュファイアー(山火事のニュース等)。ウルルの恒久的登頂禁止措置、そのセレモニーに首相が来なかったことへの抗議、等々。

日本の水害についても引き続き報道されていて、関心が高い様子。

 

昨晩久々にどら焼きを焼いてみた。怪我リハビリ中のKさんにおすそ分けしたところ、今日ジムでばったり出会う。大分動かせるようになってきたとのことで少し安心。また一緒に登りに行ける日が早く来るようにと願う(とはいえゆっくりあせらず)

f:id:japaneseclimber:20191027184432j:plain
f:id:japaneseclimber:20191028082058j:plain

f:id:japaneseclimber:20191027212927j:plain栗入りどら焼き。副産物のぜんざいも。

 

f:id:japaneseclimber:20191029125432j:plain
f:id:japaneseclimber:20191030184515j:plain

初夏の明るい景色の日が多いが...... /  今日はガスっぽい(郊外の山火事のせいだそう)




 

ボルダリングとビール

今週は、若い面々は旅行とかで、また中堅どころはゴルフコンぺ等でおでかけ。

しかし、暑い夏は涼しい屋内ジムで登るのが一番。ということで、I井さんとF山君と3人で登る。久々に9D本店。ルートが大体変わっていたので入口端のスラブから触っていく。幸い朝一番なのでガラガラ。

f:id:japaneseclimber:20191027090837j:plain 朝一番のジム

 

I井さんは垂壁まではかなりスムーズにいける。ルートを読む力&ムーブの蓄積の成果か。今日はトリッキーなムーブ、スローパー系、カチ系などを勧めて上達養成。F君は三週間ぶりであったがフィジカルが強く、今日もシンプル系のV1はクリア。先が楽しみ。自分はちょっと腰痛が出たことで抑え目にしておく。大ハングの復習をしたり、新作ピンクV3,V4を幾つかトライ。入口スラブ帯のスローパー4つをつなぐ大きなムーブのV4と奥壁レイバックのV3とかいくつかクリア。

昼前に終了して、近所のブリュワリーThe Rocksに行き、昼食&ビールとする。F山君は見かけによらず全く酒が飲めないので、ありがたくドライバーとなってもらい残り二人はパイントジョッキを2杯ずつ。チキン&サラダでヘルシーなつまみ。 

f:id:japaneseclimber:20191027112757j:plain

The Rocksブリュワリーは午前中からやっている。この後混んできた。

 

帰り道に、これも近所のクライミング専門店「Climbing Anchor」へ。F山君の初のマイシューズを無事選んでから、帰宅。

買い物にでると、マンゴーがたくさんでていた。今年もシーズン開始。

f:id:japaneseclimber:20191027140211j:plain

マンゴーの季節。今年は豊作らしくすでに安い。1個2.5ドル。

 

今週末は気温も30度を越え、いよいよ夏日。ウルルの登頂コースが昨日で閉鎖となったこともニュース。皆マウントオーガスタスに登ると良いのに。遠いが。ブッシュファイア(山火事)も大きくニュースに。カリフォルニアも同様に大変である。